さくらさくらのさくら

wpmaster

とある村の山奥に

綺麗な寒桜が咲いておったとな。

blog_10.jpg

爺っさまも、婆さまも
何とはなしに山道を

blog_9.jpg

登っていったんだそうな。

「おやおや爺さんや
こんなところにおうちがあるぞい」

blog_8.jpg

真っ青な空に
それはそれはきれいな白壁づくりの

洋館が。

「あれぇ婆さんや、こっちへきてみ」

婆さまが
爺っさまのところへ行ってみると

blog_7.jpg

なんとまぁ、愛くるしい

二匹のいぬたちが出迎えてくれるではありませんか。

真っ赤なめだまの二匹のいぬは
それでいて、えも言われぬ朗らかな顔で
爺っさまと婆さまをみつめています。

それから二人は、

靴についた泥でゆかいたを
汚しはしまいか、

さっきのいぬは
おなかを空かせてはいまいか

そんなことを想いながら
洋館の奥へと歩いて行ったのです。

つづく

wpmaster
この記事を書いた人

関連記事

  1. インターンシップ

  2. 三月の行進曲

  3. 職場体験学習を振り返ってみた。

  4. 散歩をしていると…

  5. よろしくお願いします。

  6. 楽団!