ゆめいろえのぐで再び…

川村 玉樹

最近、絵をかくのにちょっと力を入れているタマキです。

facebookをチェックしていて、
「描いてみたいな」
と思う対象に出会えたので、デスクトップで眠っているお絵かきソフトに出張ってもらいました。
使用したソフトは約1年前に紹介したゆめいろのえのぐ

犬の絵を描いてみました

若干、私の描き方に変化あります。

動物なのでかっちりした線は描かず、毛並等色に頼ることに。
紙面にのせる色は、モデルの実際の色を守りつつ心の赴くままに。

プログラムとはいえ、実際の水彩を意識しているだけあって水加減がやはり侮れません。
色の配合も、油断すると濁る濁る。
慣れない人は、多色混合は避けましょう。

それが個性の人は良いですが…。

出来上がったのが下の画像です。
yume

クリックして画像が大きくなりますが、それが実際、私が書き上げた状態です。

余談ですが…

作品を縮小すると印象が少し変わったりします。
もっと縮小して見てみましょう。

鉛筆の線や余分なものが縮小することで消えてなくなり、ちょっとリアル感がありませんか?

面白いですね。

雑誌や図録で見る作品と実際美術館等で見る作品が、同じものなのに印象が違うことがあるのは、印刷の色もありますが、サイズの違いも大きいんですね。

ウイン・ドゥのタマキでした。

追伸:ゆめいろえのぐに挑戦してみませんか?※外部リンク

tamaki
この記事を書いた人

関連記事

  1. コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-の新シリーズが始まるらしい!

  2. NHKの『サラメシ』に出演している写真家の阿部さんのレンズが気になって…

  3. ゆめいろのえのぐ

  4. 新居浜市、市制施行80周年!ふるさと映画企画!

  5. 衝撃!お母さんが突如関西人になる!