ゆめいろのえのぐ

川村 玉樹

みなさん、こんにちは。
ネタがある時はせっせと投稿する、ウイン・ドゥのタマキです。

実は、最近サイトデザインの都合で水彩のイラストが必要になり、フォトショップのブラシツールを
カスタマイズして描いてみましたが、テクニック不足もあって微妙な筆のタッチが表現できずに
思うような素材ができませんでした。

フリーの素材を探しましたが、サイトに合うイラストとなるとなかなか数が揃わず。

実際に水彩を描いてスキャンかなと思いながら、未練たらしくフリーのソフトを検索していたら…。

なんと!パソコンで水彩を描きたい人がお手軽に描けるソフトがありました。
「ゆめいろのえのぐ」

http://kengolab.net/app/yumeiro/

東京工科大学メディア学部、ならびに東京工科大学大学院メディア学研究科の 研究活動の中で制作されたそうで、使いこなした人の作品をみると、なかなかの出来栄えです。

早速、ダウンロードして使ってみました。
パレットで色を調合できるのが、面白い試みです。
ツールの数が少なくてもどかしい部分も多々ありますが、工夫すればいい話で。

お仕事に少し使った後、ライフワークの似顔絵にも使えるか試してみました。

sitagaki

下書きは「ゆめいろのえのぐ」で。ペン幅がカスタマイズできないので、細かい部分は諦めます。

20160331windo

20160401windo

色付けはAdobeのフォトショップと「ゆめいろのえのぐ」で比較するために塗ってみました。
「ゆめいろのえのぐ」でぼかしを表現するには、かなり色を少なめに採って水を多くする必要があります。
どちらがどれか解りますか?

簡単な線で描く絵なら大丈夫のようです。

みなさんも挑戦してみませんか?

tamaki
この記事を書いた人

関連記事

  1. ゆめいろえのぐで再び…