バックアップが壊れているか、復元先のiPhoneと互換性がないために、iPhone”ピー”を復元できませんでした。

田中 治

『iPhoneの復元前にはセキュリティ機能をOFFにすべし』 の巻

普段使用しているiPhone5を修理に出しました。
無事に修理が完了しました。
翌日、iTunesでバックアップしていたものを復元しようとすると、

 

「バックアップが壊れているか、復元先のiPhoneと互換性がないために、iPhone”ピー”を復元できませんでした。」
iphone復元エラー2

 

と、メッセージボックスが表示され、復元を行うことができません。

 

(-_-;)

 

『バックアップが壊れているか、復元先のiPhoneと互換性がない』
という文字列でgoogleさんに聞くと、たくさんそれらしいページが表示されるのですが、
とりあえず、

C:¥ユーザー¥ユーザー名¥AppData¥Roaming¥Apple Computer¥MobileSync¥Backup¥

のBackupフォルダを丸ごとコピーしてから、
あれやこれや試してみましたが症状は変わらず・・・

 

(@_@;;)

 

 あんなアプリやこんな設定やら、また1からインストールせねばならないと思うと、
気が遠くなる思いで・・・やっぱり、アップルさんは、普段は簡単に使えるけれど、
問題が起こると、きちっと解決できなかったり情報が少なかったり・・・ブツブツ・・・
と愚痴を漏らしつつ悪戦苦闘しておりました。

 

と、何気に表示されていた、
zzz01

これ、を思い出しました。

『操作は不要です。』って、
何も頼んでいないのに。

 

(*^。^*)

 

早速、Microsoft Security Essentialsの履歴を見てみると、
zzz02

ありました、ありました。

-----------------------
カテゴリ: ワーム
説明: このプログラムは危険であり、ネットワーク接続経由で自己増殖します。
-----------------------

と、ご丁寧にBackupフォルダ内のいくつかのファイルを隔離してくれていた様子。
ちゃんと仕事してくれるのは有難いのですが、「それはちがうねん!」と、心の中でツイートしつつ、
zzz03

[検疫されている項目(O)]を選択し、
各項目の右側にチェックを入れて、
[復元(E)]ボタンをクリック。

 

これで、勝手に隔離してくれたファイルが元に戻ったはずなので、
すかさず、リアルタイム保護をオフにしました。
zzz04

 

はたして、iTunesを起動し、復元を実行すると、

見事、復元に成功しました。:-)

 

めでたしめでたし。ということで。


↓こんな記事も読まれています↓

#01 ポケモンGOのマップを作ってみた。[新居浜市版ジム・ポケストップ情報]

lineスタンプが販売開始!

sam
この記事を書いた人

関連記事

  1. 『WindowsDefenderを動かしているから大丈夫ですよ。;-)…

  2. iPhoneがバックアップから復元できない時に確認すること